赤ちゃんのはしかの予防接種をいつ受けましたか?やはり1歳になってすぐに受けたほうがいいでしょうか?

Question

最近よくはしか(麻疹)の感染のニュースがよく放送されています。

ニュースによるとはしかはインフルエンザよりもかなり感染力が高く、空気感染をしてしまうそうです。

まだ私の周りではしかに感染したという話を聞いてはいないのですが、小さな子供を抱える身としては少し心配になってしまいます。

現在私の娘は生後10ヶ月なのですが、はしかの予防接種(MRワクチン)は1歳になったらすぐに受けたほうがいいでしょうか。

いろいろな予防接種がありスケジュールを組むのもちょっと難しいですが、優先順位としてははしかの予防接種を最優先したほうがいいですよね。

皆さんはお子さんが1歳になったらすぐに麻疹の予防接種を受けましたか。はしかの予防接種についての体験談を教えてください。

ママの体験談からの回答

子供が1歳3ヶ月の時にMRワクチンを受けました

子供が1歳3ヶ月の時にMRワクチンを受けました。
その時にお世話になっていた保育園でははしかの子供が数名おり、保育園の先生方からはしかの予防接種を受けてない子供はすぐに病院で受けてくださいと言われてすぐ病院に行ってMRワクチンをしてもらいました。
はしかのウィルスは極めて感染力が強い病気なので、早めにMRワクチンを注射してもらうと良いと思います。
高熱、咳などの症状が出た時にもまず、はしかの症状と疑い、早めの対策を取ると良いと思います。
はしかの症状が出た時には保育園などは休みましょう。
(神奈川県 M.S)
管理人


今年はまた麻疹(はしか)の流行の兆しがあるようです。空気感染してしまうので、免疫がないと感染の可能性がすごく高くなってしまいます。
はしか感染を防ぐためにはワクチン接種がとても有効です。1歳になったらすぐに麻疹・風疹の混合ワクチン(MRワクチン)を摂取するほうがいいですよね。

麻しん・風しんワクチン〔MR〕は全員1歳になった頃に接種しました

上は11歳下は2歳まで4人の子供がいるママですが、麻しん・風しんワクチン〔MR〕は全員1歳になった頃に接種しました。
ウチの子の場合、副反応で熱が出た子が2人居ます。
摂取した日の夜間に発熱して、翌朝病院が開くまでとても心配だったのを覚えています。
熱は1日程で下がりましたが他の予防接種で副反応が起きた事が無かった為 まさか と思ったのを覚えています。
今また麻疹が流行しつつある時代ですよね。テレビでも予防接種を受ける様促しています。
副反応が怖くて予防接種をしない方がいるのも知っていますし、ただでさえ赤ちゃんが居る生活は忙しく自分の時間も取れないのに病院まで行き更に待ち時間もあり大変ですが、赤ちゃんの為に予防接種はした方が良いと私は思います^ ^
管理人2


子供に予防接種を受けさせる時に一番心配になるのが副反応ですよね。副反応の不安から予防接種に躊躇してしまうお母さんは多いようです。
しかしながら、はしかに感染してしまうリスクとMRワクチンの予防接種を受けるリスクを比較すると、はしかに感染するリスクのほうがかなり高いので、予防接種を受けたほうがいいのでしょうね。

2人共1歳過ぎてからすぐにMR混合ワクチンを打っています

我が家は2人の姉弟がいますが、2人共1歳過ぎてからすぐにMR混合ワクチンを打っています。
周囲で感染した等は聞いた事はありませんでしたが、1歳ですと母体の免疫もなくなってきている頃なので、予防出来るのもはなるべく早くしてあげたいと思っていました。
はしか以外にも、赤ちゃんの間に打ちたい予防接種はたくさんあります。
しかし予定をしていても体調次第で延期になったりしてしまうので、元気な時を見計らって病院に行ける時に行っておくといいと思います。
特にはしかは感染力が強いので、1歳になったらすぐ打ちたいですね。 (神奈川県 A.O)
管理人


麻疹はインフルエンザなどと比べても比較にならないほど感染力が高いです。空気感染というのはアウトブレイクを起こしやすいのですね。
MRワクチンをきちんと接種しておけば、はしかの感染を防ぐことができるので、1歳になったら体調のいい日にできるだけ早く接種しておきたいですね。

女性なら妊娠時に抗体の検査もあるので、なるべく早く受けたほうが良い予防接種だと思います

私の住む都市では、1歳になったらなるべく早く、風疹、麻疹混合のMRの予防接種をすすめられています。
生ワクチンなので不活化ワクチンの予防接種をしたければ、28日間を空けないと接種出来なくなるので、順番を逆にするか、予防接種の計画を立てることが大切だと思います。
予防接種の計画を立てるのは難しいと思われていますが、かかりつけの病院で相談したり、スマホアプリで入力するだけで通知してくれるものもあります。
女性なら妊娠時に抗体の検査もあるので、なるべく早く受けたほうが良い予防接種だと思います。
(神戸市Y.A)
管理人2


現在関西空港やその周辺地域ではしかの感染が広がっています。さらなる感染拡大の恐れがあるのではしかの免疫がない子供は早急に予防接種をしたほうがいいですよね。
また妊婦がはしかに感染すると流産などの危険性が非常に高くなります。20代・30代は免疫がない、不十分な方が多いので、大人もMRワクチンの接種を考えたほうがいいでしょうね。

家族みんなで予防すること、それが大事だと思います

今、はしかが流行り始めています。罹ったら治療法はなく、治るのを待つのみ。
治っても数年後に合併症を発症するかもしれないという怖い病気です。
我が家には9か月の娘がいますので、とても心配です。
麻疹風疹ワクチンは1歳から接種なので、娘はまだ予防ができません。どうすれば罹らずに済むか、考えました。
まずは家族が罹らないということ。
私は妊娠した際に行った採血の結果を振り返り、麻疹の抗体の有無を確認しました。
6歳の長男は二回目の麻疹風疹ワクチンをすぐに接種し、抗体の有無を確認できなかった主人は麻疹ワクチンを小児科で接種しました。
家族みんなで予防すること、それが大事だと思います。
私も乳児を持つ親として、とても心配です。私の場合は家族で予防しようと決め、行動に移しましたが、どうしてよいかわからない場合、はしかの知識を持つ小児科医や保健所などに助言をもらうのが良いかもしれません。
予防接種をしており、抗体を持っている方が、現在のはしかの流行を食い止めてくれるといいですね。
管理人


はしかの予防接種は1歳になったら公費で受けることができるのですが、6か月以上の赤ちゃんなら自費で緊急避難的にワクチンを接種することもできるようです。
家族みんなで感染予防をするのは非常にいいですよね。家庭内で感染が広がることもあるので全員がはしかの免疫を持てば、赤ちゃんに感染するリスクも低くなりそうです。