新生児黄疸はすぐに治るの?その原因と対処法を教えてください。

Question

先日出産を終えた友人から聞いたのですが、生まれた赤ちゃんに黄疸の症状が出てしまったので、赤ちゃんの退院がしばらく遅れたそうです。

新生児黄疸と呼ばれる症状らしいのですが、新生児黄疸は生まれたばかりの赤ちゃんによくみられる症状なのでしょうか。

黄疸というと何か病気が隠れているというイメージがあるのですが、赤ちゃんの場合そのようなわけではなく、特別に心配する必要はないということでしょうか。

新生児黄疸にもいろいろ種類があるようなのですが、よく赤ちゃんにみられる新生児黄疸は特に心配しなくてもいいということなのでしょうか。

友人の赤ちゃんの場合は、光を当てる治療をして1週間ほどで黄疸は治ったようです。

赤ちゃんが新生児黄疸になったときに、どのような治療をしてどのような状況だったのかについて聞かせていただきたいと思います。よろしくお願いします。

ママの体験談からの回答

退院前日に黄疸が出てしまい私だけ退院し、子供は保育器へ入院

長男が新生児黄疸でした。
産まれも大きくはなく2800g、特に問題もなく母乳も飲めていて体重も増えていました。
退院前日に黄疸が出てしまい私だけ退院し、子供は保育器へ入院。
3時間ごとに病院へ出向き母乳をあげてました。アイマスクをさせられオムツ一枚で見た目本当にかわいそうで涙しながら母乳をあげてました。
次の日退院できその後はすくすく育ってます。
黄疸と診断されて保育器に入れられ産まれてすぐ離れ離れになってなんでうちの子だけ、他の子はみんな母子ともに退院でとても不安でしたが「うちも黄疸だったよー」と周りのママたち結構いましたー??
何を言われても悩むと思いますがまずは自身の体をしっかり休めてあげてください。
(熊本県 M・S)
管理人


新生児黄疸は、よく生まれたばかりの赤ちゃんにみられる症状です。ビリルビンという黄色の物質が赤ちゃんの体内で増えてしまうことで体などが黄色味を帯びてしまうのですね。
生後2・3日の赤ちゃんに黄疸の症状が出た場合、生理的黄疸であることが多いです。生理的黄疸は特に治療をしなくても(光線療法をすることもあります。)、1週間ぐらいで自然と黄疸の症状が治まることが通常です。

生後5日目母親の退院の日の朝に検査をしギリギリですが、基準値内に収まり一緒に退院することができました

生後2日から新生児黄疸があり、黄疸の数値が基準値以上だったためその日から、24時間体制の光線治療となりました。
原因はわからないのですが、数値が基準値になるまでは母親と退院はできないと診断されました。
生後3日目には、肌と、白目の部分が見た目にわかるくらい黄色っぽくなっていた。
光線治療中は、できる限り授乳以外は抱っこせずなるべく長い時間光線を当てることが大事になっていました。
生後5日目母親の退院の日の朝に検査をしギリギリですが、基準値内に収まり一緒に退院することができました。
見た目はまだ黄色がかっていましたが、1ヶ月健診のときには引いていました。
退院後もなるべく太陽光のあたるところで、寝かせるように心がけていました。
生まれたばかりの我が子が、光線治療中は裸で24時間光線に当てられて暑いしよく泣いていたりして、すぐ抱いてあげたい気持ちになりますが、抱けないのは悲しいですよね…。
今赤ちゃんが泣いてる分早く治ると信じてお母さんも一緒に赤ちゃんの力を信じてあげましょう。
お母さんは赤ちゃんの最大の味方です!
(兵庫県 M.J)
管理人2


生理的黄疸の場合でも、検査をして数値が高かった場合は光線療法をすることがあります。太陽の光やブルーライト・グリーンライトなどの光を赤ちゃんに照射すると黄疸の数値が低下するのですね。
生理的黄疸の場合はそれほど心配する必要はないようです。一時的にビリルビンが増加しているだけなので1週間程度で黄疸の数値が下がってくることが通常のようですね。

病院を退院して初めての健診の際に新生児黄疸と診断され、健診の度に治療を受けていました

うちの子は病院を退院して初めての健診の際に新生児黄疸と診断され、健診の度に治療を受けていました。
症状としては、顔や白目が黄色がかっていました。
白目の色が青白く、黄みがかった肌が元に戻ったのは治療し始めて2ヶ月後くらいでした。
看護婦さんに心配しなくても大丈夫といわれていたので、心配はしていませんでした。
新生児黄疸は見た目ですぐわかるので、気づいたらすぐに病院に電話すれば大丈夫だと思います。
産まれてすぐなら健診も小刻みにあるので安心です。
新生児黄疸は黄疸が出るだけで、変った症状は出ないのでしっかり見てもらえば大丈夫な病気だと思いますよ。 
(沖縄県 K.F)
管理人


退院してから黄疸の症状が出たということは、母乳性黄疸だったでしょうか。母乳性黄疸は完全母乳で育っている赤ちゃんに現れる黄疸となっています。
母乳に含まれる成分の影響でビリルビンが上手く赤ちゃんの体内で処理できず、ビリルビンが増加してしまい黄疸の症状が現れるのですね。生理的黄疸と同様に通常は自然に治るので特に心配する必要はないようです。

入院中、光線治療を五日間していました

生まれて三日後から黄疸症状がではじめ、一緒に退院することができませんでした。
入院中、光線治療を五日間していました。
ミルクや母乳を飲み、便をたくさん出せば治ると主治医の先生に言われました。
退院後は黄疸症状は見受けられませんでした。
新生児のころの黄疸症状は、主治医の先生に従えば、必ず良くなりますので、どんな些細なことでも、先生に相談してください。
そして、新生児黄疸の症状が現れると、ママは自分を責めたりしてしまいますが、決してママのせいではありません。大丈夫ですよ。
(群馬県 H、T)
管理人2


生理的黄疸の場合、光線療法をすれば黄疸の数値は通常下がってきます。光線療法は光を赤ちゃんに照射しているだけなので、赤ちゃんに負担もないので心配しすぎないようにしましょう。
赤ちゃんに黄疸の症状が出ると自分自身を責めてしまうこともありますよね。生理的黄疸は特に珍しい症状でもないので、あまり悩まないでくださいね。

体質的なものであるが重度ではないと診断され、1週間に一度病院にかかりました

わたしが24歳の時に産んだ女の子は、半月にならないころから黄疸が出始めました。
1ヶ月検診の時に、正式に黄疸が出ていると言われました。
上の子も黄疸があったので、体質的なものであるが重度ではないと診断され、1週間に一度病院にかかりました。
おっぱいは良く飲んだので、病院に通いながらシロップを服用し、3ヶ月検診までにはよくなりました。
初めてのこの時は、他の子と違うとびっくりするし心配になりますよね。不安な時は病院にかかるのが一番です。
特に新生児はどんなに元気な赤ちゃんでも油断ができません。
今の医療は発達していますし、新米ママが家で悩んでいるよりもプロが見た方が正確なのは確かです。
新生児期は少しの変化も見逃さないようにしましょう。
(岩手県 Y.F)
管理人


「生理的黄疸」「母乳性黄疸」はそれほど心配しなくてもいい新生児黄疸の症状ですね。一方「新生児溶血性黄疸」「閉塞性黄疸」などは治療が必要となってくる黄疸の症状となります。
素人ではなかなかどのようなことが原因で黄疸が起こっているのかわからないので、医師に診察してもらってきちんとした治療を受けることが必要となってきますね。