混合育児で母乳とミルクをうまく上げるコツやいい方法について教えて下さい。

Question

こんにちは、赤ちゃんの育児について質問させていただきます。

現在2か月の女の子を育てているのですが、母乳があまり出ないためにミルクを併用した混合育児で子育てを頑張っています。

私自身は母乳で授乳してあげた後に、娘がまだ欲しがる時にミルクを足してあげています。

いつもきちんと授乳の量が足りているのか心配になるのですが、体重は標準的に増えてきているので、授乳の量的には大丈夫だと思っています。

しかしながら、正直これで大丈夫なのかと不安になることも多いです。

そこで混合育児で赤ちゃんを育ててきた皆さんに質問なのですが、母乳の量やミルクの量などの調整をどのように行っていましたか。

また混合育児をしてよかったなと感じたことなどがあれば教えてください。

その他にも混合育児を上手にしていくコツなどがあれば、アドバイスしていただきたいと思います。よろしくお願いします。

ママの体験談からの回答

すこし用事があり、預かってもらう時などは、すごく楽でした

生まれてから、うまく母乳を吸えない子で、保護機をつかったりなど、哺乳瓶の乳首をおっぱいにくっつけたりなど、工夫しましたが中々うまくいかなくて苦戦しました。
母乳の前に少しだけ吸わす練習をさせ、無理ならそのままミルクと、一緒に練習をして行くうちに吸えるようになっていきました。
ですが、なかなか完全母乳とはならなく、断乳するまで、ずっと混合でした。
すこし用事があり、預かってもらう時などは、すごく楽でした。
出かけの前に、母乳を絞って出かければ張って苦しくなることもありませんでした。
完全母乳にこだわるお母さん達が多い中、うまくいかなくて苦しくて悩んでる方も多いと思われます。
今の時代、ミルクにもすごく栄養があって、混合というだけですごく気持ちが楽になります。
完全ミルクとなるとお金もかかり大変になりますが、混合だと自分の気持ちも楽になり、すこしお金はかかってしまいますが、苦しくて悩んでるよりも思い切って混合にしてみてください。
本当に楽になります。
(愛知県 M.K)
管理人


母乳をうまく吸えない赤ちゃんの場合、混合栄養育児になることは仕方がないですよね。どうしても完全母乳信仰が強いですが、あまり気にしないようにしましょう。
混合育児は、赤ちゃんを実家などに預けやすくなるので、お母さんが用事で外出しやすくなるなどのメリットがありますね。

助産師さんによく相談して、体重の増え具合を見ながらのんびり考えたらいいと思います

混合育児は思ったより難しかったです。
初めての出産で、基本的には母乳で育てるつもりでしたが、最初から母乳があまり出るわけでもなく、夜はミルクを与えていました。
昼間は母乳を吸わせて、たくさん出るようにしていました。
産後一ヶ月の検診で体重が思ったより増えており、助産師さんから、ミルクをやめるよう言われました。
混合育児については、どの程度ミルクを混ぜるかが難しいところだと思います。
とにかく助産師さんによく相談して、体重の増え具合を見ながらのんびり考えたらいいと思います。
母乳はすぐにお腹がすくらしく、最初は夜中も頻回に起きるので、お母さんは大変です。
どうしてもしんどいときは、ミルクを飲ませてしっかり寝てもらうのもありだとは言われました。
無理せず、まわりにも頼ってのんびり育児できたらいいですね。
管理人2


出産後に母乳の量が足りない場合は、必然的に混合育児になりますね。昼間は母乳にして夜はミルクにするなどの使い分けをするといいのかもしれないですね。
ミルクを上げすぎていないかは、体重でチェックできますね。母子手帳に掲載されていることが多い「パーセンタイルグラフ」を赤ちゃんの体重増加の目安にするといいですよね。

仕事に復帰したのが早かったため、日中は保育園でミルクをあげてもらっていました

母乳がしっかり出る方でしたが仕事に復帰したのが早かったため、日中は保育園でミルクをあげてもらっていました。
母乳が出なくなったら完全ミルクにしようと思っていましたが、幸いなことに卒乳までおっぱいは出続けていました。
特別搾乳もしなかったのですが、保育園ではミルク家ではおっぱいと言う使い分けが、子供の中でできていたようなので助かりました。
ミルクもおっぱいも飲めると言うのは自分が疲れているときには、哺乳瓶で飲んでもらえると言うことなので気楽です。
細かな事はあまり考えず厳密に進めることをしなかったのがよかったのだと思います。
特にひとりめのお子さんの時など、母乳とミルクの問題と言うのは悩みがちなことです。
出ても心配、でなくても心配、誰にも悩みはあるものですが、離乳前の赤ちゃんの栄養については悩まないことと言うのが1番大事なように思います。
どのような飲み物を誰が与えていても、赤ちゃんにとって必要な愛情と、十分な栄養が与えられていれば母子ともにハッピー、そのように考えるのが良いと思います。
考えすぎないこと気楽にやること手抜きをすること健康の秘訣です。
管理人


早めに仕事復帰する場合などは、保育園を利用するために混合育児になりますね。子供自身が母乳とミルクの使い分けができているととても助かりますよね。
混合育児のメリットとして、体力的にも助かるという点がありますよね。一番大切なのは赤ちゃんに愛情を十分注いであげることなので、あまり考えすぎないということも大事になってきそうです。

お母さんのおっぱいが張るなら母乳をあげて下さい。おっぱいが出ないなら、ミルクで全然大丈夫です

小学1年生~0歳10ヶ月の子供を3人もつ32歳の母です。
混合育児について人それぞれの考え方、その子その子でケースが違うと思いますが、我が子の場合は、最初の2~3ヶ月までは完全母乳で進めました。
その後の離乳食が始まる5~6ヶ月までは混合に移行しその状況は、朝起きて母乳を150~200。昼に保育園で粉ミルクをトータル約400。家に帰って来てから夜寝るまでに母乳を約200。深夜帯に母乳を100と粉ミルクを100という流れです。
子供の体調や排泄状態や外出先で中々母乳が難しいなど、その時の状況を考慮し母乳を粉ミルクに変えたりその逆もあったりという日もありました。
混合でも、完母でも、ミルクだけでも、その子が欲しがれば飲ませてあげて大丈夫だと思います。
飲ませてあげて下さい。飲みすぎて、吐くならそこで一旦次に欲しがるまで休めばいいことですし。
お母さんのおっぱいが張るなら母乳をあげて下さい。
おっぱいが出ないなら、ミルクで全然大丈夫です。
ミルクを飲ませる時に、出ても出なくても一度少しの時間おっぱいを赤ちゃんの口に含ませてあげて下さい。
それだけでも、赤ちゃんと深く触れ合い心も落ち着きます。
これだけを忘れなければ大丈夫ですよ。
(大分県 K.K)
管理人2


混合育児の場合、子供の体調などその時々の事情によって、母乳とミルクの割合を変えることもできますし、外出先ではミルクを利用するなど臨機応変な対応ができますね。
ミルクだけでなく母乳をあげたり、母乳が出なくても赤ちゃんに含ませてあげることでスキンシップが図れるので、これは大事なことかもしれませんね。

体重が思ったより増えない時はミルクを足りてあげたらよいと思います

混合育児の進め方ですが、私の場合は二人目の赤ちゃんの時でした。
二人目は思ったように母乳が出ていないようだったので、足りない時や、夜寝かす前などにミルクを足して、あくまで母乳をあげた後に泣いたら、ミルクを足してあげていました。
だいたいはミルク缶に書いてある月齢の量より母乳をあげていたので、半分くらいにしていました。
夜寝かす前だけは、多めに200くらいはあげていました。
私の子はそれでうまくいっていたようでした。
母乳は初産婦さんだとなかなか乳腺が開通しなくて、三ヶ月くらいはかかると思います。
体重が思ったより増えない時はミルクを足りてあげたらよいと思います。
二人目さんは逆に出やすいですが、疲れてご飯を沢山食べれないなどになってきた場合母乳の出が悪くなります。
そんな時もミルクを足りてあげてもよいと思います。
混合育児の方がどちらも飲んでくれて、便利な部分もあると思います。(京都府 Y.H)
管理人


母乳だけだと出によって赤ちゃんが満足してくれないことがありますよね。そんな時はミルクを足してあげれば赤ちゃんも満足してくれることが多いです。
夜寝かす前にミルクを赤ちゃんにあげると、ミルクは母乳よりもゆっくり消化するので赤ちゃんがよく寝てくれるようです。夜中の授乳はお母さんにも負担が大きいので、負担を軽減することができそうです。