Q.赤ちゃんがお座りできないです。普通はいつからできるものなのですか?

Question

Q.8か月を過ぎた赤ちゃんがいるのですが、お座りがまだきちんとできません。

無理にお座りの練習をさせる必要はないと聞きますが、同時期に生まれた子たちがお座りしているのを見るとちょっと焦ってしまいます。

皆さんの赤ちゃんは、何か月ぐらいでお座りをできるようになりましたか。

また、お座りができ始めるころはよく転んで頭を打つと聞きました。どのような対策をしましたか。教えてください。

ママたちの体験談からの回答

家事をしている間はベビーソファのバンボに座らせていました

うちの娘は6ヶ月の時からズリバイの体勢から自分でお座りができるようになりました。
ですがまだまだグラグラと不安定でバランスが取れず後ろにゴンとひっくり返って頭を打つ事がよくありました。
見てる時は対応できるのですが、家事をしている間や少し目を離してしまうと対応できないので毎日頭を打たないか、とてもヒヤヒヤしていました。
私が試した方法は、赤ちゃんを囲むように赤ちゃんの背中側に三日月型の授乳クッションを置き、赤ちゃんのソファのようにしました。
そうすると後ろにこけてもクッションがあるので頭を打つ心配はなくなりました。
後はもう一つ試した方法は、家事をしている間はベビーソファのバンボに座らせていました。
バンボに座らせておもちゃを置いておくとその間おもちゃで楽しく遊んでいてくれましたのでそうすると転倒の心配もなく安心して家事や用事ができるようになりました。
この方法を試す事によりお座りの心配や悩みを改善する事ができましたので、もしよろしければお試し頂けたらなと思います。
(大阪府 s.a)
管理人


6か月でお座りができるようになるのは平均的な月齢ですね。
バンボを利用している方は多いですね。バンボだけでなく、後ろに倒れてもいいようにクッションを置くのも頭を打たなくて済みそうです。

長い目でみてあげることが大事だと思います

男の子3人のママです。
上の子2人は6ヶ月でお座りをし 不安を感じたことがありませんでしたが 3番目の子は寝返りも遅く 全くお座りせず。後
ろから支え練習しましたが ぐんにゃりでやる気なし…
7ヶ月検診で要観察になるなと思っていました。
しかし お座りだけはできないものの 手足は力が強く、脇を抱えて膝の上に立たすと ピョンピョンできました。
先生はそれを見て 「問題ないので ゆっくりさんなのでしょう」と言ってくれました。
8ヶ月半の今、ハイハイの状態から 前に足を抜き やっとこさ それらしいお座りをできるようになってきました。
育児本や 周りのお友達、兄姉と比べてしまうことがよくあると思います。
でも元気があって 手足、腰がしっかりしていれば いずれ必ずお座りします。
長い目でみてあげることが大事だと思います。
さりげなく支えて、お座りすることはあるかと思いますが 無理にひとりで座らせて 練習する必要はありません。
管理人2


兄弟でもお座りができる時期に違いがあるのですね。
あまり兄弟で比べずに、その子自身の個性だと思って長い目で見てあげることが必要になってくるのですね。

その子の成長を温かく見守ってあげましょう

お座りはだいたい6ヶ月頃から出来るようになりますが、息子は6ヶ月過ぎてもあまりお座りをせず、寝転がってばかりでした。
周りの子は普通にお座りしている子ばかりだったので少し焦ったりもしましたが、結局お座りをあまりしなくても、ちゃんと歩くようになりました。
息子は4歳になった今でも寝転がって遊ぶのが好きで、その体勢が落ち着くようです。
赤ちゃんの頃の成長は本当に人それぞれなので、他の子と比べて焦ってしまうこともありますが、後から考えると大したことなかったと思える事がほとんどです。
その子の成長を温かく見守ってあげましょう。
(神奈川県 C.M)
管理人


どうしても周りの子たちと比べてしまいがちになりますが、焦る必要はないんですよね。
その子なりの成長をゆっくりと見守ってあげることが一番になりますね。

くれぐれも目を離さないように

赤ちゃんを早く座らしたくて、赤ちゃんをソファーに座らせて両脇から大きなクッションをあてがったり、色々したことがあります。
ちょっと目を離した隙に倒れていたり、段々ずり落ちていったり、今思えば危なかしいことも沢山していました。
今思えば、そんなに早くから座る練習をさせなくても良かったなと思います。
今はお尻がすっぽりはまって持ち手がついているような赤ちゃんイスもあり、早く座らせようとする傾向にあるような気がします。
赤ちゃんの月例を参考に、無理させないように座らせてあげればと思います。
その際にくれぐれも目を離さないように!
(岡山県 M.A)
管理人2


お座りの練習をすると、どうしてもコロンとなってしまいますので気を付ける必要がありますよね。
それぞれ成長の度合いが違いますので、無理に練習させる必要もそれほどないのかもしれないですね。

クッションマットを購入して床に敷き詰めました

7ヶ月を過ぎた頃、気付けば自分で座っていることが多かったのですが、結構勢いよく動こうとしたり、まだ力の加減ができず、よく前屈した状態になり思いきりおでこを床に打ち付けたり、後ろにひっくり返って後頭部を床に打ったりしていました。
とても心配でしたし、打つのが頻繁だったため、嫌がらない時は室内でも帽子を被せておくことにしました。
そんなに分厚い帽子ではありませんでしたが、綿のニット帽のようなものを選んだおかげか、頭を打っても少し衝撃を軽減できた様です。
それに合わせて、組み合わせられるクッションマットを購入して床に敷き詰めたら、頭を打って泣くこともグッと減りました。
(埼玉県 A.H)
管理人


ニット帽に様なものでも、衝撃の緩和にはなりそうですね。
クッションマットを床に敷くのはいいですね。転んで頭を打っても衝撃を軽くすることができる環境を作ることは大事になってきそうです。