赤ちゃんはどれくらいの時期にズリバイを始めるのが普通なのですか?

Question

息子が生後7か月になりました。

同じ時期に生まれた友人の子供たちの中には、ずりばいで動き回っている赤ちゃんが何人かいます。

私の息子はまだズリバイやハイハイをすることができないのですが、赤ちゃんがズリバイを始める時期は、生後何か月ぐらいになるのでしょうか。

もちろん友達の同年代の子供が全員ズリバイができるというわけではないのですが、やっぱりちょっと焦ってしまっているというのが本当のところです。

子供を腹ばいの状態にして呼びかけてあげると練習になると聞いたのですが、練習をしたほうがいいのでしょうか。

育児を経験してきた方々のご意見をお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。

ママの体験談からの回答

腹ばいの状態にしてうつぶせに慣れるようにしていました

娘は生後5ヶ月で初めてずりばいで移動するようになりました。
それまではうつぶせになって進もうとするものの、上手く動けず後ろに下がってしまったりくるくる回ってしまったりしていました。
本人は前に進みたい気持ちが強かったようでめげずに挑戦していました。
するとその練習の甲斐があってか、5ヶ月の時に初めて前に進みました。
それからはコツを掴んだのかすぐにずりばいをマスターし、部屋の端から端まで移動して嬉しそうにしていました。
ずりばいを覚えさせるために私がした事は、腹ばいの状態にしてうつぶせに慣れるようにしていました。
なので生後2ヶ月の時から腹ばいの練習をしました。
そうすると早い時期から首を持ち上げるようになり、首は3ヶ月で完全に座り、寝返りも4ヶ月になったばかりの頃にできるようになったので、割と発育が早かった気がします。
最初は小さな赤ちゃんを腹ばいにするのはとても怖いですが、腹ばいは体の免疫力をあげたり成長にいい点がたくさんあるそうなのでおすすめです。
(大阪府 A.S)
管理人


ずりばいをし始めた時に、後ろに進んでしまう赤ちゃんも結構多いようです。赤ちゃんなりに頑張っているのですね。
腹ばいの状態は、赤ちゃんの筋力を鍛える効果があるようです。きちんと赤ちゃんを見守りながら試してみるのもいいのかもしれません。

うちの長女は6か月頃からずりばいを始めました

うちの長女は6か月頃からずりばいを始めました。
はいはいの前にずりばいがあることを知らずにいたので驚いたのを覚えています。
ずりばいをしていた期間は覚えていませんが、体を起こす力がまだないので、平泳ぎのような足で頑張って動いていました。
友達の子はずりばいはせず、いきなりはいはいを始めていました。
特に練習するようなことはなく、自然に始めていました。
ずりばいもかなり個人差があると思います。
一番上は半年で始めましたが、下にいけばいくほど早い時期から始めていましたよ。
やはりお兄ちゃん、お姉ちゃんについて行きたいからでしょうかね。
周りのお母さん達と話をしていても、ずりばいがなかった子や1人座りがなく、つかまり立ちを先に始めた子など様々でしたから、育児書通りにいかなかったとはいえ、気にすることはないと思います。
ゆっくり成長を楽しんであげれると良いですね。
(大阪府 E K)
管理人2


ズリバイをしないまま、いきなりハイハイをする赤ちゃんも特別珍しいというわけではないようです。
育児書に書いてあるように、ずりばい、はいはい、つかまり立ちといったように順序立てて育つわけではありませんからね。でもそこが育児の面白いところかもしれませんね。

8ヶ月の後半になってやっとズリバイを始めました。女の子です。
児童館などで会う同月齢の子と比べて遅い方だったので心配しました。
6ヶ月の頃お座りばかり練習してしまったので、もっと腹ばいをさせれば違ったのかなと思ったりもします。
ハイハイ、つかまり立ちはほぼ同時で9ヶ月半、一人立ちは1歳、歩き始めは1歳1ヶ月でした。
他の子と比べないこと、ネット検索しすぎないこと。
私は心配性で、自分で納得するまでネット調べてましたが。
心配で悶々として楽しく育児ができないのであればかかりつけの医師などに相談すると気持ちは落ち着きます。
赤ちゃんは本当にそれぞれ個性があるんですね。
管理人


周りの同年代の子と比べて、自分の子供ができないことがあるとどうしても心配になってしまいますよね。
そんな時ネット検索ばかりしていると余計に心配になってしまうので、いろいろな方に相談したり、赤ちゃんの成長スピードには違いがあると割り切ってしまうことも必要になりそうです。

我が子はずりばいは生後6ヶ月頃から始まりました

我が子はずりばいは生後6ヶ月頃から始まりました。
それまでは、とにかく腹ばいになるのが好きなようで、手足をバタバタ動かしたりしていましたが、少しずつもっと動きたいという気持ちが見えてきたように思います。
なので、動きたいそぶりを見せたら、腹ばいにしておもちゃを手の届きそうで届かないところに置いたりして一緒に遊びました。
ずりばいをさせるときには、周囲に危険なものがないかどうか、そこが落ちる場所であったりしないか注意をするようにしてください。
大人が大丈夫だろうと思っても、起こってしまってからでは遅いのです。
また上の子がいる場合でも、大人の目が届くようにしておいた方がいいと思います。
管理人2


赤ちゃんが腹ばいの時に、おもちゃをちょっと手前においてあげると、赤ちゃんが頑張ってズリバイを始めることがあるようですね。
ズリバイをし始めると、それまでと違った危険がありますからね。周りに危険なものがないかを注意しておきたいです。

寝返り→ずりばい2週間くらい→お座りとハイハイ同じくらいのタイミングという感じでした

下の子の場合ですが、うちの子はうつ伏せが嫌いだったのか、6,7ヵ月頃少しやっただけでした。
首を強くするためにねんねの時期によくうつ伏せにしたりしますが、うちの子はうつ伏せにするとすぐ泣いて嫌がったのでなかなかできず、首すわりも少し遅かったです。
それから、寝返り→ずりばい2週間くらい→お座りとハイハイ同じくらいのタイミングという感じでした。
なので、ずりばいした?という感じです(-_-;)
全員が必ずずりばいするというわけではないんだなと思いました。
寝返りしてうつ伏せになったらおいで~と呼んだりはしました。
子どもはやっと動けるようになって全てに興味津々です。
ずりばいを始めたら、口に入れてはいけないものは机の上にあげちゃいましょう。
ゴミでもなんでも食べちゃうようになります。
興味を持ちそうなおもちゃを周りに散らばしておくと、それに向かって進むし、方向転換できるようになったりします(^^)
あと、どんどん進めるようになると、少し目を離したらどこ行った?!ってなるので、行動範囲は広いことを把握しておくといいですね。
あとは一緒に寝転んだり、前方から呼んであげたりすると喜ぶので、その時期を一緒に楽しんであげてください(^^)
管理人


ズリバイを短い期間しかしなかった、ずりばいをせずにハイハイをしたという赤ちゃんは意外と多いようです。赤ちゃんもそれぞれなのですね。
腹ばいの赤ちゃんのちょっと前からお母さんが呼びかけてあげると、腹這いのまま進んでくることがあるので、試してみるといいのではないでしょうか。