Q.夏の暑い時期に赤ちゃんが快眠できるためのいい方法を教えてください。

Question

夏本番になってきて暑い日が続いていますが、赤ちゃんが暑い夏に快適に眠るためにはどうしていましたか。

基本的にクーラーを昼間は付けており、昼寝は十分にできていると思います。

しかし一日中クーラーの中でいるのはどうかと思い、夜の就寝中はできるだけクーラーを使わないようにしていますが、やはり寝苦しいようでよく起きてしまいます。

皆さんは夏に赤ちゃんがよく眠るようにどのような工夫をしていましたか?教えてください。

ママの体験談からの回答

冷感マット等をうまく使っても良いかと思います

赤ちゃんがぐっすり眠れるかどうかには、室温が重要だと思います。
エアコンをつけっぱなしだと、新陳代謝が悪くなるのでいけない等と言われてもいます。
ですが、汗ベッチョリでは赤ちゃんがかわいそうです。
我が家では、普段はエアコンを付けずにいますが、どうしてもの時はエアコンにしています。
やはり、涼しい中で眠ると、ぐっすりと時間も長く眠ってくれます。
冷感マット等をうまく使っても良いかと思います。
我が家は風が割りと通るので、涼しいことが多いのですが、それでも額に汗をかいて寝ていたりもします。
赤ちゃんの様子を見ながら、自然の風・扇風機・クーラー・ひんやり素材を組み合わせて、赤ちゃんに合った快適さ見つけてあげてください。
(新潟県 N.S)
管理人


最近の夏は異常な暑さなので、適切にエアコンを使うことが大事なりますよね。
エアコンだけでなく、自然の風や冷感マットなどをうまく組み合わせて利用したいですね。

エアコンでの温度調節をしてお昼寝させたらぐっすりと寝ます

1歳の息子がいます。夏に入る少し前はお昼寝中暑くて起き、よく泣いていたのですが、エアコンでの温度調節をしてお昼寝させたらぐっすりと寝てくれるようになりました。
エアコンではキツすぎるかなと思った時は、扇風機の前に凍らせたペットボトルを置き、やんわり冷たい風が届くようにしています。
夜寝る時も同様にすると、朝までぐっすり寝てくれるし、汗もほとんどかきません。
赤ちゃんは体温が高いので、自分たちが適温でも少し暑く感じているそうです。
涼しくすればいい、とただ冷やすだけではお腹が冷え、風邪をひくことがあるので、お腹はしっかり冷えから守ることを気をつけるといいと思います。
その為に私はズボンに服を入れておいたりしています。
管理人2


扇風機の前に凍らせたペットボトルを置くのはいいアイデアですね。冷風機の役割を果たしてくれそうです。
夏場でもおなかが冷えないように色々と工夫してあげることは必要になりますね。

夜は必ず湯船に入れる事も効果的だと思います

夏になると、やはり寝付きが悪くなります。
そんな時はまず、クーラーを付けて温度と湿度を適温に調整します。
クーラーの風が赤ちゃんに直接あたると体が冷えてしまうので、風向きも調整します。
あとは、昼間散歩に出掛けたりして刺激を与えたり、体を使って遊んだりすると赤ちゃんも疲れるのか、夜の寝つきは良いです。
あとは、夜は必ず湯船に入れる事も効果的だと思います。
暑いとママ自身もつい外出するのが億劫になりますが、夏は少しの外出でも疲れて寝てしまうので、出来るだけ外に出た方が良いかもしれません。
その際には赤ちゃんにも忘れず熱中症対策をして下さいね。
お風呂もついシャワーだけで済ませたいところですが、湯船に浸かるとママ自身も疲れがとれると思います。
(埼玉・M.M)
管理人


温度対策も大事ですが、昼間にきっちり赤ちゃんを活動させてあげて適度に疲れさせることも大事になってきそうです。
昼間はかなりの暑さなので、熱中症対策・水分補給を忘れないようにしなければなりませんね。

ものすごく暑い日はクーラーをかけてます

赤ちゃんは大人より体温が高いので、大人が少し寒いかな?と心配スレスレで寝かせてます。
寝間着は半袖半ズボンに腹巻き。暑い日は腹巻きナシ。上に掛けるのは大判のガーゼ。
といっても、寝相がものすごく悪いので、寝入りばなのほんの気持ち程度になってしまってます(笑)
ものすごく暑い日はクーラーをかけてます。そうでもない日はギリギリまで窓を開け放して。
これから本格的な夏になると思うので、臨機応変に対応していきたいです。
子育て、正解が難しいですよね。自分自身迷いながら、ハラハラしながら子育てしています。
先日1歳の誕生日を迎えましたが、1年子育てしてみて思うのが『諦めが肝心』ということ。
そして思っていた以上に赤ちゃんって強いんだなって。
夜は自分が目が覚める度赤ちゃんの状態をチェックしながら寝たら充分だと思います。
まだまだ私も新米ママです。どんどん難しくなっていくだろう子育て、日々模索しながら子育て頑張りたいです。
(千葉県 K.O)
管理人2


クーラーと自然の風を臨機応変に利用して赤ちゃんを快適に眠らせてあげたいですね。
確かに育児のすべてを完ぺきにすることはできないですよね。お母さんにとっても初めての経験ですからね。

脇の下に小さなアイスノンを、タオルに巻いて入れてあげました

自分の娘が2歳半から3歳のときのエピソードです。
やはり夏は不快と感じるのは大人だけではないので、赤ちゃんも暑苦しくなかなか寝てくれません。
そこで大人が熱を出した時に、どこを冷やせば良いか考えて娘にもしてあげようと思いました。
脇の下に小さなアイスノンを、タオルに巻いて入れてあげると楽になったようで眠ってくれました!
気をつけるのは赤ちゃんなのでごくごく弱い冷感にしてあげること。
私も育児をしていて日々色々なことが起こるので実際今も勉強中なのですが、子供は思っている以上に大人の考えていることや感情に敏感なのだということです。
こちらがネガティヴになっていると察知していつもより余計に泣いたりすると思います。
ママも一緒に成長するのであまり思い詰めずに気楽でいることが良いのかもしれません。
管理人


わきの下を軽く冷やしてあげると、全身の体温が適度に下がるのでいいようですね。
お母さんがいらいらするとそれが子供にも伝わるので、おおらかな気持ちで育児に臨むことは大事になりそうです。