Q.赤ちゃんが掃除機の音を怖がって泣いてしまいます。皆さんはどうしましたか。

Question
掃除機の音が怖いのでしょうか、娘が大泣きしてしまいます。

旦那がいる土日などは、旦那に抱っこしてもらい別の部屋で遊んでもらっている間に掃除機をかけていますが、平日はそうもいかずに朝の決まった時間に掃除機をかけることができません。

やはりハウスダストなどがたまってしまうとアレルギーの心配もあるので、きちんと掃除器は毎日かけたいと思っています。

皆さんは、子供が掃除機を嫌がって泣いてしまった時どのように対処しましたか。

ママの体験談からの回答

少しづつ色んな音を聞かせて慣れさせれば突然の大きな音にも泣かなくなると思います

掃除機をかけるといつもその音にびっくりして大泣きしてしまいました。
掃除機の音に慣れるまでは旦那が子供を抱っこして、別の部屋で掃除機の音を聞いてもらいました。
旦那が抱っこしていれば子供は掃除機の音を聞いても泣きません。
少しづつ掃除機の音に慣れてきたら掃除機をかけてる部屋に近づいてもらいました。
今では掃除機をかけてる部屋にいても泣きません。
旦那の抱っこも必要なくなりました。
はじめのうちは掃除機をつけた途端に大泣きでしたが、音に慣れてくるとだんだんと平気になりそのうち泣かなくなります。
少しづつ色んな音を聞かせて慣れさせれば突然の大きな音にも泣かなくなると思います。
(愛知県 M.U)
管理人


旦那さんが協力してくれると、育児をするうえでいろいろと助かることがたくさんありますよね。
少しずつ掃除機の音に慣れさせていくと、音が大丈夫になってくる赤ちゃんも多いようですね。

掃除機の音に慣れさせておいてあげるのがオススメです

赤ちゃんのうちからある程度、掃除機の音に慣れさせておいてあげるのがオススメです。
小さいうちは音や塵やほこりが舞うのが気になり、目の前で掃除機を掛けるのを避けがちですが、敢えて掃除機を掛けちゃいましょう。
上の娘が1歳くらいの時に掃除機が怖いと泣くので、なかなか掃除機が掛けられず大変でした。
赤ちゃんの時期は、敢えて目の前であまり使っていなかったことが原因かもしれません。
小さい時期から掃除機が怖いものではないと、自然な形で伝えてあげられられたら良かったと思います。
泣いてしまう、怖がってしまうとなかなか掃除機を掛けられず困りますが、ほんの一時期のことなので、無理矢理掛けて怖がらせることのないようにしてあげてください。
下の子は小さいうちから気にせず掛けていたせいか、むしろ掃除機を追い掛けてくるぐらい大好きになりました。
(東京都 Y.K)
管理人2


赤ちゃん自身に「掃除機は怖いものではないんだよ」ということを教えてあげることは大事になってきますよね。
掃除機好きで追いかけてこられても、それはそれでこまってしまいますね。

音が怖いのかそれでも泣いてしまうので大変でした

ママを悩ますお掃除タイム、わが家の場合は我が子が乳児湿疹がひどく、ダニやハウスダストにアレルギーがあるかも知れないとお医者様から言われていたので、特にまめに掃除機を当てないといけないと思い排気を吸わないよう別室に子供がいるようにして掃除機をかけていたのですが、音が怖いのかそれでも泣いてしまうので大変でした。
赤ちゃんがいる部屋は綺麗にしたいですよね。
乳児湿疹を少しでもよくするため、そして喘息にならないようにするためにそれまでは布団にも掃除機をかけていたのですが、子供が生まれてからはダニやハウスダストが通過しない布団カバーを購入しました。
価格は高かったですが、寝室にいる時間が一番長いと思ったので思い切って購入しました。
また家中のカーペットを全て外しました。
同じように悩んでいらっしゃるお母さんは多いと思います。
掃除したいのにできないそのジレンマはよく分かります。
私は妥協策としてですが、普段はクイックルワイパーと水ぶきで掃除をし、夫が休みの日は子供を預けて掃除機をかけていました。あとできればカーペットは外した方がいいと思います。
こちらの方法で赤ちゃん時代のお掃除を乗り切ってくださいね。
(滋賀県 H.Y)
管理人


確かにハウスダストを取り除くために掃除機をかけることは必ずしなければならないことですからね。
掃除機にならずにあまりに泣いてしまう赤ちゃんの場合は、掃除機以外で綺麗にする方法を探す必要がありそうです。

泣いてもしょうが無いと、短時間でササっと済ませていました

時期は短いので割り切りと諦めが大事。
大らかな気持ちで乗り切るのが良いと思います。
これは掃除機だけではなく、子育て全般に言える事だと思います。
肩の力を抜いて、しょうがないと割り切って諦めても良いんだと思うだけで、気持ちが楽になるような気がします。
長男は掃除機で泣く事は無かったのですが、第二子の長女が一時期、掃除機をかけると泣いていました。
ウチは賃貸の2DKと狭く、掃除機をかける時間もそんなに長く無いので、泣いてもしょうが無いと、時にはオンブや抱っこをしながら、短時間でササっと済ませていました。
掃除機で泣くのはほんの一時期の事なので、色々な意味で割り切ってしまうのが良いと思います。
赤ちゃんが泣くから短時間でササっと済ませる割り切り、清潔にするのはあなたの為でもあるんだよ~、ちょっと我慢してね~と言う割り切り。
友人は更に割り切って、旦那さんにお散歩に連れて行って貰えるお休みの日にしか掃除してませんでしたよ。
そのくらい大らかな気持ちで諦めちゃえば楽かもしれません。
(神奈川県 K.N)
管理人2


確かに子育てをするうえで、割り切って対処していくということは大事になってきますよね。
マンションなどだと、短時間に掃除機を終わらせてしまったほうが効率的なのかもしれませんね。

掃除機を掛ける時には、旦那さんに外に連れ出してもらっていました

我が家では、掃除機を掛ける時には、旦那さんに外に連れ出してもらっていました。
あらかじめ、「明日、掃除機を掛けたいから、20分くらいお願い!」と頼んでおくのです。
とは言え、これが出来るのは旦那さんが休みの時だけ。それ以外は、専ら拭き掃除をしていました。
音に敏感な赤ちゃん、なかなか生活音に慣れない赤ちゃんと、様々です。
「赤ちゃんが泣いちゃうからどうしよう?出来ない!」と思ってしまうのではなく、「泣いちゃうなら、泣かないような別のやり方を」と考えると、悩んだり、プレッシャーを感じたりしなくて良いですよ。
(新潟県N.S)
管理人


旦那さんが育児に協力してくれると、スムーズに育児ができるのでいいですよね。
あまり悩んだり、プレッシャーを感じることなく、おおらかに育児をしていきたいものですね。