Q.赤ちゃんのアトピー治療のステロイド使用に迷っています。

Question

赤ちゃんに湿疹が出るので病院で診察を受けたところ、アトピー性皮膚炎だと診断を受けました。

病院でステロイドが入ったクリームを処方されたのですが、ネット上ではステロイドに肯定的な意見、否定的な意見の両方が見受けられます。

医師によってもステロイドを肯定する意見(多くの医師はステロイドを適切に使用すればそれほど怖いものではないと考えているようですが)や、ステロイドを否定する意見もあり、どうすればいいのか迷っているのが現状です。

皆さんは赤ちゃんのアトピーにステロイドをどのように使用しましたか。

ママたちの体験談からの回答

一度かかりつけの医師に相談することをお勧めします

うちの娘の場合、生後半年頃からアトピー症状が現れ始めました。
初めに出てきた場所は顔です。よだれかぶれから始まったのですが、みるみるうちに顔が腫れはじめ、その後は全身に症状が出ました。
初めにかかった病院ではステロイドの処方はなく、治りがあまりにも遅かったので娘がかわいそうになり、大きな病院で診察してもらう事にしました。
そちらの病院では初診の時点でステロイドを処方してもらう事ができ、順調に回復していきました。
もちろん使用前にはきちんとした説明があったので不安もなく、副作用などもありませんでした。
赤ちゃんに突然アトピーが出てしまうと、親は当然焦ってしまうと思います。
私もいきなりのことだったのでびっくりしたのを覚えています。
しかし、ステロイドは決して恐ろしいものではありません。正しく使用すればとても良い薬です。
医師の説明をきちんと聞き、使用方法を正しく理解すれば大丈夫です。
痒みに耐え切れず泣いている我が子を見るのは本当につらいです。
もしも悩んでいる方がいらっしゃるのなら、一度かかりつけの医師に相談することをお勧めします。(大阪府 E・K)

管理人


医師によって、ステロイドを使用する使用しないの違いがありますよね。
信頼できるかかりつけの医師を見つけるというのも大事になってきそうです。

今ではほとんど使うことなく過ごせるようになりました

生後1ヶ月くらいから、乳児湿疹がひどく、ひどい時にはほっぺから黄色いしるのようなものが出るほどでした。
なかなか治らず生後6ヶ月の時に、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーと診断を受けました。
その時ステロイドとヒルドイドソフトを処方されました。ステロイドと聞いて不安はありました。
すりこまないこと、うすくぬること、治っても少しの間はぬりつづけることを言われました。
弱いステロイドから使い続けましたが、長い間使うと効き目が弱くなってきたような気がします。そしたら、少しきついステロイドとなりました。
でも、アトピーで肌がボロボロになってるところからアレルゲンはどんどん体内へ進入するから、早くキレイにしてそれを保つのが大事だと思います。
わが子は使い続けて10年…今ではほとんど使うことなく過ごせるようになりました。
わが子は湿疹がひどくて、抱っこしても私にいつも顔をこすりつけたり、手でかきむしったり…すごく痒かったんだと思います。
痒くて寝れなくてぐずることもしはしば。
でも、ステロイド使うとそれがやわらいでよく寝れたり、機嫌のいい事も増えました。
小さいといろんなことが不安で心配です。でも、きちんとお医者さんの言うことを守って使えば、肌をキレイにコントロールできるし、子どももしんどくないと思います。何より、機嫌のいい時間が増えればママにとっても嬉しいですよね??
お互いかんばりましょう。
管理人2


ステロイドは徐々に強い薬を使わないといけないことがあるのが不安になりますよね。
信頼できる医師ときちんとコミュニケーションをとっていくことが大事になってきますね。

皮膚科に行って処方されました

ほっぺたにできた湿疹がなかなか治らず、皮膚科に行って処方されました。
ステロイド入りの塗り薬ですが、赤ちゃんが使っても大丈夫なくらいの、肌に優しいものだと言われました。
1か月以上治らなかった湿疹が、1週間後にはすっかりなくなりました。
皮膚科に行くのをずっとためらっていました。
しかし、なかなか治らず困っていました。皮膚科の薬は子供の年齢や皮膚の状態に合わせて、数多くの塗り薬が用意されています。
赤ちゃんにステロイドの多い薬は処方されません。
少しの量を薄くつけるだけでよくなるので心配いりません。(福岡県 Y.Y)
管理人


ステロイドを使用してすぐに炎症が治まるとホッとしますよね。
ステロイド入りの治療薬は強い薬から弱い薬までいろいろあるので、どのような薬かを知ることも大事になりそうです。

正しい情報を元に使ってください

赤ちゃんの頃にアトピーがひどくステロイド剤を使用して抑えていました。
節々にはブツブツが残っていますが、顔とかには激しく残っておらず、使って痒みは治まりました。
しかし、大人になってから、顔や腕の節々が痒くなるようになり、気になり始めました。
気づくと赤くミミズ張りのようになりブツブツが目立つようになりました。
病院にいくと、ステロイドのアレルギーと言われ、子供の頃にステロイド剤を使用している事を伝えると、体の中で蓄積されているから、抜けるのにかなり時間がかかると言われました。
それから日々 痒みや汁との戦いが始まりました。未だに治っていません。
痛みより痒みの方が耐えられません。
子供の頃は助かったものの、大人になって、見栄えも悪くなり、周りから皮膚病と勘違いされ、冷たい目でみられたり、レジに並んでいると、わざと距離をあけられたりされました。
良かろうと思って何でも使用しないで下さい。正しい情報を元に使ってください。
管理人2


うーん、ステロイドを使用したことを後悔している方のお話になりますね。
ステロイドのアレルギーというものがあるということも勉強しておく必要があるかもしれません。

自分なりの使い方を探すのが良いと思います

あれは長女が4ヶ月の頃でした。
突然肘の内側やほっぺに赤いカサカサしたブツブツができてしまったのです。
まだ離乳食前で、母乳とミルクしか摂取してなかったので心当たりは無いのですが、病院に連れて行くと、アトピーかもしれないねと言われました。
理由は分からないけれど、とりあえず保湿剤とステロイドを出すのでこれを塗って様子を見て下さいとのことだったので、恐る恐る塗りました。
すると1度塗っただけですぐにブツブツが消えてしまいました。
正直、1度塗っただけでこんなに効くなんて、何て恐ろしい薬なんだ!と思いました。
治ったので薬をやめると、治ったはずのブツブツがまた出てきてしまい、塗って治す、塗らないと出る、のいたちごっこになってしまいました。
そうこうしていろいろ試した結果、一気にやめてはいけないと言うことが分かりました。
塗ってよくなってもしばらくは塗って、徐々に減らして行くと言うことがポイントでした。
そして合わせて保湿をしっかりすることです。
怖がらずに自分なりの使い方を探すのが良いと思います。
管理人


ステロイドを使用してすぐに治ると、それはそれで考えてしまうということですね。
医師とコミュニケーションをとるのはもちろんですが、自分なりの使い方というのも大事になってきそうです。