赤ちゃんに生まれつき赤いあざがあります。いつぐらいに自然に治るものなのでしょうか。

Question

子供の体に生まれつきの赤いあざがあります。あざのある場所は足なのでそれほど目立つものというわけではありません。

旦那に相談しても「足だから別にいいんじゃないの?」とあまり真剣に取り合ってもらえません。

足だからいいと言うのは私自身納得いかないのですが、男の子だからこのまま放置していてもいいものなのでしょうか。

あざの大きさは2センチほどなのでそれほど大きいものではありませんが、やはりちょっと気になります。

かかりつけ医の先生に相談したところ、成長すると自然に消えるんじゃないかなと言われました。

いろいろ調べたところレーザーで赤いあざは消すこともできるようです。

赤いあざが赤ちゃんに合った方に質問なのですが、皆さんはどのように対応しましたか。

レーザー治療などはあまりしないものなのでしょうか。教えて下さい。

ママの体験談からの回答

うちの息子は、お腹に赤いあざ(いちご腫)があります

うちの息子は、お腹に赤いあざ(いちご腫)があります。
皮膚が少し盛り上がり、赤くなっています。
産まれつきです。すぐにお医者さんに確認をしましたが、「成長するにつれ消えたり、薄く小さくなるので様子を見ましょう。
5歳になって気になるようならば、手術で取ることも出来ます。」と言われました。
何もせずに様子を見ています。
今、一歳四ヶ月ですが、10ヶ月くらいから赤みは薄くなり、盛り上がりも少し平らになってきました。
あざを見つけた時は焦って「どうしよう?」と思い、あざを見るたびに「なくなるかな?」と心配していましたが、毎日見ていると、それもかわいく思えます。
もう少しして、本人が気にしたり、周りのお友達に何か言われるようであれば、対応をしようと、ドーンと構えられるようになりました。
(新潟県 N.S)
管理人


いちご状血管腫は、生まれた時はないかほとんど目立たないものですが、生後数日たつとだんだんと大きくなってきて目立ってくる赤いあざですね。
5歳までに約半数が自然治癒するようですが、レーザー治療で消すこともできるようです。医師とよく相談して自然治癒を待つかどうするかを決める必要がありますね。

病院を紹介されて形成外科を受診したところ、苺状血管腫でした

産まれてすぐに右足の太ももの外側に赤い痣があることに気づきました。
オムツで擦れて赤くなったのかと思いましたか、どんどん色は濃くなって成長につれて範囲も広くなりました。
一ヶ月健診の時、病院を紹介されて形成外科を受診したところ、苺状血管腫でした。
体に悪い影響がでるわけではなく、自然と薄くなっているので今も定期的に病院で経過を診てもらっています。
特に治療はしませんでした。
うちは男の子で足ということもあり何も治療はしませんでした。
治療の場合は、麻酔をしてレーザーで消すということになるそうですが、そのリスクを負ってでも消さなければいけないということではないそうです。
女の子だったり顔に出てしまった時は、薄くなっても皮膚が突っ張ったり跡が残ることがあるそうで、消してしまう方も多いようです。
治療をするなら出た場所で考えた方が良いと思います。
(札幌市 M.M)
管理人2


いちご状血管腫は、どんどん大きくなったり色が濃くなってきたりするので、お母さんとしては心配になってしまいますよね。
確かにできた場所によってレーザー治療で消すかどうかを考えるといいのかもしれませんね。男の子で足など目立たない場所の場合は、そのままにしてもそれほど問題はないのかもしれません。

成長していくにつれて自然に消えてなくなることが多いです

私の赤ちゃんは、おしりと足首あたりに青いアザがありました。
赤ちゃんにはできるものなので私は特別意識もせず気にならず病院などへは行っていません。
アザの大きさはどちらかというと小さめではなく比較的大きめのアザでした。
病院などで治療をしてもらってはないのですが、自己判断ですがボディクリームを塗ってあげていました。
青いアザは、赤ちゃんが成長していくにつれてだんだんと薄く、そして綺麗に消えてくれるものなので心配はあまりなかったです。
はじめての子育てママの方なら、はじめは青いアザを見て驚かれて病気なのかな?なんて思ってしまうお母さんも多いかもしれませんが、半数の赤ちゃんがどこかしらに生まれたときからアザがあります。
そして成長していくにつれて自然に消えてなくなることが多いです。
なので、特別心配することではなく自然なものなので 病院に行かなくても大きな病気などにもなることもないので心配しなくても大丈夫です。
私たち大人も赤ちゃんの頃にはあったものなので心配しなくても大丈夫です。
(大阪府 R・E)
管理人


赤ちゃんの赤いあざは、「サーモンパッチ」「ポートワイン母斑」「ウンナ母斑」「いちご状血管腫」などの種類がありますね。
赤ちゃんの青いあざは「蒙古班」「異所性蒙古斑」「太田母斑」などの種類があります。それぞれ特徴がありますので、あざが赤ちゃんにある場合は、どのような種類のあざなのかを確認しておきたいですね

出産して赤ちゃんを見ると、目の上まぶたに赤いアザがありました

出産して赤ちゃんを見ると、目の上まぶたに赤いアザがありました。
泣くと余計、赤いアザが浮かび上がり凄く気になりました。
でも、助産婦さんからは「年月が経つと薄れたり、消えたりする事もあるよ。」と言われてたので、病院に行って治療とかはせずそこからは気にするのをやめました。
生まれた時は赤いアザが凄く気になって、悩んだりしたし女の子だし顔だったので凄く不安でしたが、助産婦さんからの言葉を信じて気にならなくなったら、知らないうちに赤いアザが消えてました。
今はもう10歳です。
赤いアザの後もなく綺麗になってます。
消えない赤いアザもあるし、10歳の娘の足には赤いアザがまだあります。
でも本人は特に気にすることなく過ごしてます。
親が気にしすぎるだけであって、子供は自分自身で受け入れてるみたいです。
悩んでるママも深く悩まず、個性の一つとして受け入れてあげてほしいです。
(兵庫県R,N)
管理人2


目のまぶたの上にできる赤いあざは、通常は「サーモンパッチ」と呼ばれるあざであることが多いですね。
サーモンパッチは、1歳半ぐらいまでには薄くなって目立たなくなることが多いです。もしあざが残ってしまってもレーザー治療で消すことができますので、あまり悩みすぎないようにしたいですね。

「血管腫」と言われ、薄くはなるけど消えないだろうと言われました

娘の左瞼に赤いあざがあります。
出産してすぐに気がつきましたが、看護師さんが「すぐ消えるから大丈夫」と言われたのであまり気にしていませんでした。
3ヶ月を過ぎた頃、別の症状で皮膚科にかかる機会があったので、ついでに診てもらいました。
「血管腫」と言われ、薄くはなるけど消えないだろうと言われました。
治療としてはレーザーがあるけれど、瞼はリスクが高いので受けませんでした。
赤ちゃんは体温が高いので、血管腫の場合は血行が良いと目立つと思います。
心配だと思いますが、年齢と共に目立たなくなります。
娘は今6才になり、普段は全くわからない程度に薄くなりました。
ただ、入浴時や発熱時など、体温が上がるとやはり赤くなります。
場所によってはレーザー治療が受けられますので、検討してみるのもいいと思います。
(埼玉県 M.N)
管理人


血管腫と診断されたということは、赤いあざは単純性血管腫(ポートワイン母斑)だということなのですね。単純性血管腫(ポートワイン母斑)は、自然には消えないあざとなっています。
場所によってレーザー治療を受けるかどうかを悩むことはありますよね。この辺りは医師とよく相談してお母さん自身が決めていく必要がありそうです。