赤ちゃんや子供がマイコプラズマ肺炎になったときどのような症状が出ましたか。またどう対処しましたか。

Question

先日、ママ友の上の子供がマイコプラズマ肺炎にかかったそうです。

咳が続くので病院で診てもらったところ風邪と診断されたのですが、その後も咳の症状が続いたのでもう一度病院で診察を受けたら、マイコプラズマ肺炎と診察されたそうです。

赤ちゃんにもマイコプラズマ肺炎が移ったのかを聞きましたが、赤ちゃんには感染しなかったそうです。

赤ちゃんはあまりマイコプラズマ肺炎に感染しないそうですね。あまり心配する必要はないということでしょうか。

私も上の子供がいるのですが、マイコプラズマ肺炎に子供が感染した場合、皆さんはどのような症状が出てどのような対処法をとりましたか。

体験談を教えてください。よろしくお願いします。

ママの体験談からの回答

症状がひどい時はセカンドオピニオンや総合病院の受診をおすすめします

4歳の時に38度から39度の熱と一日中ひどい咳が3日ほど出て、始めは「扁桃腺が腫れている。喉からの熱です。」と診断され抗生剤を処方されました。
翌日も熱は続き、息苦しそうな呼吸音がしはじめたので総合病院へ連れていき精密検査をした結果マイコプラズマ肺炎と診断され、マイコプラズマに効く抗生剤を処方されました。
その後、熱は下がりましたが、咳は1週間ほど続きました。
症状は熱が1週間、咳が2週間てした。
高い熱が出た時に初めて熱性痙攣も起こし夜間救急にも駆け込みました。
普通の風邪の時とは違い、咳がとても酷く、呼吸回数も多く息苦しそうな感じでした。
倦怠感も強いようで食欲もありませんでした。
症状がひどい時はセカンドオピニオンや総合病院の受診をおすすめします。
高熱時の熱性痙攣も要注意です。
痙攣を起こした場合は状態をよく観察して、口の色や、何分続いたかをよく観察しておきましょう。
そして病院へ連絡してみてもらうことをおすすめします。
マイコプラズマは熱や咳、倦怠感や息苦しさの症状が酷く、熱性痙攣も起こしたりもしたので私は元看護師ですが、わが子のことということもあり、ややパニックにもなりました。
看病で寝不足の日々が続いて私自身かなり消耗しました。
とてもしんどそうなわが子をみて心配だと思いますがお母さんが看病疲れで倒れてしまっては大変です。
子供さんがよく眠っている時は家事はお休みしてでも一緒にゆっくり休みましょう。
(愛媛県 N.T)
管理人


マイコプラズマ肺炎は、病院で診察を受けても風邪と診断されてしまうことがよくあります。お母さん自身が子供の様子をよく観察して、セカンドオピニオンを受けたほうがいいのか判断してあげる必要が出てきそうです。
特に咳が特徴的なマイコプラズマ肺炎の症状なので、咳が続く時は大きな総合病院などで診察を受けたほうがいいのかもしれません。

娘の場合はまず最初二日間、38度台半ばの熱が出ました

娘が2歳6ヶ月の時に、マイコプラズマ肺炎と診断されました。
娘の場合はまず最初二日間、38度台半ばの熱が出ました。
このときは鼻水や咳などの症状はありませんでした。
熱が下がっても何の症状もなかったのですが、下がった3日後くらいから何となく咳が出始め、次の日は夜中も起きるくらいの咳だったので病院へ連れて行くとマイコプラズマ肺炎とのことでした。
夜中の咳は本当にかわいそうでした。
寝付いたと思ったら咳で目覚めて泣いて、を繰り返していました。
咳が少しだから様子見よう、と思ってすぐに病院には連れて行きませんでしたが、やはりすぐ連れて行ってあげればよかったとおもいます。
管理人2


マイコプラズマ肺炎は、発熱をするときもありますが、逆にしない場合もあります。熱が出て咳が激しいようだとマイコプラズマ肺炎を疑ったほうがいいのかもしれませんね。
マイコプラズマ肺炎に感染すると、ひどい咳が出ることがよくあります。室内の湿度をちょっと高めにしてあげて、のどを潤してあげるのもいいですね。

喘息のような咳をし始め、胸からヒューヒューと音をたて息をしていました

長女が4歳の時にマイコプラズマ肺炎と診断されました。
我が子の場合は最初に咳から始まりました。
喘息のような咳をし始め、胸からヒューヒューと音をたて息をしていました。
元々、気管支炎を起こしやすい子だったのでこの時はあまり気にしていませんでしたが、次の日突然の40℃過ぎの高熱を出し、おかしいと思い病院に連れていきました。
医師に症状を伝え、すぐにレントゲンを撮ってもらってレントゲン写真を見ると肺は白くなっていました。
胸の音、レントゲン写真を見るとマイコプラズマ肺炎でしょうと診断されました。
丁度その時期に流行っていたみたいでした。
念のためマイコプラズマかどうかの血液検査をし、抗生物質、ホクナリンテープをいただきその日は帰りましたが、1日置きに通院をし、レントゲンにて現状確認と吸入をしてもらました。
その後熱は上がったり下がったりを繰り返しましたが5日程度で下がり咳は2週間くらいで収まり、日常生活が送れるようになりました。
基本的には集団生活をしていないとならない病気みたいです。
初めてマイコプラズマに感染した赤ちゃんの場合は重症化はせず、咳だけで終わることが殆どだそうです。
やはり学童期に多いので、風邪予防法と同じで幼稚園児や保育園からの帰宅後は手洗いうがいは徹底的に、乾燥にも気を付けて、お子さんが嫌がらなければマスクをさせるのが1番だと思います。
後はお子さんの様子がおかしいと思ったらすぐ病院に連れていってあげてください。
中には高熱による脱水症状で入院になってしまう子をいるそうです。
マイコプラズマ肺炎の薬は薬嫌いのお子さんには苦くて不味くて飲めないかもしれません。
実際うちの子は飲んだ瞬間に吐き戻してしまったりもしました。
泣いて暴れて飲んでくれない日もありました。
そんな中1番効果的だったのがチョコレートアイスに少しずつ薬を乗せて食べさせることでした。
味わってしまうと薬の膜が溶けて苦くなってしまうので、口にいれたら麦茶や水をすぐ飲ませると良いかもしれません。
薬を全部飲んだらこのチョコアイス全部あげるよ!とご褒美も用意しました。
あとは根気よく言い聞かせました。
治らないと○○に行けないよ!とか遊べないよとか。
我が子にはこれが一番効果的でした。
もし、悩まれていたりしてるようでしたら少しでも参考にしていただけたら幸いです。
(埼玉県 C.Y)
管理人


マイコプラズマ肺炎かどうかは、肺のレントゲンを撮ると特徴的な症状があるので診断できるようですね。
幼稚園や保育園でマイコプラズマ肺炎が流行することがあります。飛沫感染と接触感染が主な感染ルートなので、帰宅した時にきちんと手洗いとうがいをするということが大事になってきますね。

子供が中学生1年生の時にマイコプラズマにかかりました

子供が中学生1年生の時にマイコプラズマにかかりました。
最初は、普通の風邪の症状と同じで、発熱して、喉が痛いのと、鼻水や咳がでてましたので、小児科ではなくて、いつも通っている耳鼻科に見せました。
そして、咳止めの薬や解熱剤をもらいました。
病院に見せてからも熱が39℃以上になり、1週間も熱が下がらなかったので、これは、普通の風邪ではないと思って、救急病院に見せてからマイコプラズマと判断されました。
中学生と大きくなっても、やはり、小児科を受診した方がいいとアドバイスされてから、体調が悪い時には必ず小児科に行くようにしました。
管理人2


マイコプラズマ肺炎は、初期症状が風邪とほぼ同じなので、風邪と診断されて見逃されてしまうことがよくあります。もし数日たっても咳が引かない場合は、レントゲンを撮ってもらうことも必要になりそうです。
また周囲でマイコプラズマ肺炎が流行していないかを知ることも大事です。マイコプラズマ肺炎は感染力がそれほど強くないので、濃厚に接触した周囲の人から感染している可能性が高いですからね。

わたしの娘は、8ヶ月の時にマイコプラズマ肺炎になりました

わたしの娘は、8ヶ月の時にマイコプラズマ肺炎になりました。
たまに咳をするところから始まり、1週間ほど空咳を続けていたので、熱はなかったのですが心配になり小児科へ行きました。
すると、マイコプラズマ肺炎だとの診断をされ、注射を打ちました。
わたしも新米ママで、何がどうなのかよくわかりませんでしたし、まして医者ではないので風邪かマイコプラズマ肺炎かもわからなかったです。
なんでもなければよかったと思って帰って来れば良いだけなのです。
気になることがあれば、早いうちに病院へかかるのが良いと思います。
(岩手県 Y.F)
管理人


マイコプラズマ肺炎は、5歳~10歳ぐらいの子供によく感染する病気です。しかしウイルスなので子供だけでなく大人も感染することがありますし、赤ちゃんも感染することがあります。
赤ちゃんがマイコプラズマ肺炎に感染した時は、風邪のような症状だけで自然治癒することが多いようです。しかし何があるかわからないので、赤ちゃんが咳き込んだ場合は、早めに病院を受診したいですね。