乳首に白斑ができた時どのように治しましたか?乳腺炎になりましたか?

Question

授乳中の母親ですが、乳首によく白斑ができてしまいます。

もともとちょっと母乳が詰まりやすい体質のようで、しこりのようなものもできてしまうのですが、特に白斑に悩まされています。

赤ちゃんに母乳をたくさん吸ってもらうのが一番いい方法だと聞きましたので、できるだけ赤ちゃんにたくさん吸ってもらうことを心がけているのですが、一度改善してもまたできてしまいます。

いまのところ乳腺炎になるほどではないのですが、このままだといつか乳腺炎になってしまうのではとちょっと怖いです。

やはり根本的に詰まりやすい体質を改善しなければならないのですかね。

皆さんは乳首に白斑ができた時にどのように対処していますか。また繰り返し白斑ができる時などはどうしていますか。

ママの体験談からの回答

赤ちゃんに吸ってもらうのが一番の治療との事だったので、痛いながらも頑張って授乳していました

産後2ヶ月頃に白斑ができました。
ネットで調べると、とにかく赤ちゃんに吸ってもらうのが一番の治療との事だったので、痛いながらも頑張って授乳していました。
ちょうど保健師さんの赤ちゃん訪問があったのでその際に見て頂き、少しマッサージをして頂きました。
飲ませる前に、乳首をマッサージしてみること、また色んな角度から飲ませてみてとアドバイスを頂きました。
試してみると1ヶ月ほどで自然に治っていました。
白斑ができてしまうと、痛くて授乳の時間が嫌になってしまいますよね。
病院に行くのも…と私も思っていましたが、根気よくやっても治らない時は、やはり診てもらうのが一番だと思います。
区や市などの助成で、助産院などで授乳相談やマッサージを受けられる所もありますので、そういうのを活用するのも良いかと思います!(東京都 E.O)
管理人


白斑の原因は乳腺に母乳が詰まってしまっていることなので、赤ちゃんにたくさん母乳を吸ってもらうことで改善させることが一番の方法となりますね。
また、乳首をマッサージすると詰まった母乳を出す効果がありますよね。白斑をそのままにしておくと乳腺炎になることが多いので、きちんと白斑を解消しておきたいですね。

結局赤ちゃんに色々な方向から吸ってもらってなくなりました

子供が三人いますが三人とも白斑ができました。
退院してからは完全母乳で育てていて、同じところからばかり授乳しないように気をつけていましたが、どの子の時もいつの間にかできていたように思います。
はやいときは1ヶ月検診のときにはできてました。
できてからは育児書を調べたりネットで調べたりしましたが、潰したりするのはなんだか怖くて、結局赤ちゃんに色々な方向から吸ってもらってなくなりました。
でも気を抜くとまた次ができてしまいました。
もう今は1歳を過ぎて授乳回数も減り白斑ができることもなくてすでに過去のお話になりました。
管理人2


白斑はできやすい体質というものがあるようです。言い方を変えると母乳が乳腺に詰まりやすい体質ということなので、乳腺炎にならないように注意する必要がありますね。
母乳を詰まらないようにするには、水分をたくさん飲んだり、高カロリーの食事を控えて根菜類など和食中心の食事にすると、母乳の濃度も低くなり詰まりにくくなります。

赤ちゃんを様々な角度で抱っこしておっぱいを飲ませていたら白斑もなくなりました

子供が1~2か月くらいのときに白斑になりました。
結局、私の場合はどうしていいのかわからなかったので、助産師さんにおっぱいマッサージをしてもらいました。
それ以降は、授乳の回数が少ないとおっぱいが詰まったりすると言われたので3時間ごとの授乳は必ず守りました。
それと、いつも同じ角度や同じ位置で授乳しても詰まりやすいと言われたので、赤ちゃんを様々な角度で抱っこしておっぱいを飲ませていたら白斑もなくなりました。
白斑ができるとおっぱいを飲ませるときに激痛です。
子育てで大変かもしれませんが、食生活にも気をつけて脂っこいものを控えたりストレスをなるべくためないように気をつけることで白斑の予防にもなるようです。
あとは、とにかく赤ちゃんにおっぱいをたくさん飲んでもらって詰まらないように気をつけると良いと思います。
必要な方は搾乳をしたり、助産師さんにおっぱいマッサージなどをしてもらうと楽になってくるのではないかと思います。
(石川県 Y.T)
管理人


授乳をするときの角度も白斑予防には大事になってくるようです。いろいろな抱き方をしていろいろな角度から赤ちゃんに母乳を飲んでもらうといいようですね。
またあまり我慢しすぎずに、病院で助産師さんなどにマッサージをしてもらうことも大事になります。かなり楽になったという声も多いので、我慢しすぎずに助産師さんなどの手を借りてくださいね。

赤ちゃんの乳首の加え方が浅い為に白斑になってしまったそうです

初産婦だったので、赤ちゃんが生まれて母乳のあげ方も中々慣れる事ができませんでした。
生まれてすぐ3日目あたりから母乳をあげると痛みが強くなる症状が出ました。
助産師の方に相談したところ、赤ちゃんの乳首の加え方が浅い為に白斑になってしまったそうです。
乳腺炎にはなりませんでした。
保湿クリームも紹介してもらいドラックストアで買いケアすることで改善しました。
初めてのお産だと母乳育児についても、本やネットによる知識だけで実際にみると意外に母乳育児は難しく感じることもあります。
病院にいるうちは助産師さんがいますので、痛み等の症状がでたら気軽に相談するといいです。
改善方法も色々教えてくれます。
(茨城県E.S)
管理人2


生まれてすぐの赤ちゃんは母乳を飲むのが上手ではないので、いろいろな乳首のトラブルが出てきてしまうことがありますよね。
抱き方などを工夫して赤ちゃんが上手に飲めるようにしてあげたいですね。また助産師さんなどにいろいろと相談するということも大事になりますね。

3,4時間起きに左から飲ませるようにして白斑が解消しました

生後2ヶ月頃から、左のおっぱいによく白斑ができるようになりました。
沢山授乳をするとなくなり、油断して授乳間隔があくとまたできる、という繰り返し。
あまりおっぱいをほしがらない子だったので、気がつくと授乳間隔が5時間あいて、白斑から乳腺炎に。
それからは3,4時間起きに左から飲ませるようにして白斑が解消しました。
白斑は気になりますよね。
放っておくと詰まって乳腺炎になったり、その一歩手前でもおっぱいが張って辛かったり。
私はあかちゃんに飲んでもらうのが一番の解消法でしたが、こどもがあまりおっぱいを飲まずに寝てしまったときには、手で搾乳してなるべく母乳が溜まらないようにしていました。
(新潟県 H.I)
管理人


白斑は繰り返しできてしまうことがあるので面倒なものですよね。とにかく授乳間隔に気を付けて赤ちゃんにたくさん飲んでもらうことが必要ですよね。
赤ちゃんに飲んでもらうだけでなく、自分できちんと搾乳することも大事になってきますね。